床工事

床工事とは

床工事というとフローリングをイメージするかもしれませんが、床工事はフローリングだけでなく、クッションフロアやカーペット、そして畳などに張り替えることも可能で、床暖房なども床工事のひとつになります。

床工事の種類とメリット

床工事の種類は床材によって、いくつかの種類に分けることができます。ここではそれぞれの床材の特徴とメリットについて紹介します。

フローリングの張り替え
フローリングは木材でできた床材で、温かみのある床に仕上げることができます。フローリング剤としては複層のものと無垢のものがあり、コスト重視の場合は複層フローリングを使い、より自然の温かみを感じたい場合は無垢フローリングを選びます。

クッションフロア張替え
フローリングは水気を嫌う床材ですので、トイレや洗面所などには適していない床材になります。そのような場所は、耐水性が高く汚れにくいクッションフロアの床材を使用します。マンションやアパートなどのフローリング風床材がこのクッションフロアになります。

カーペット張替え
カーペットは保温性に優れ吸音効果もありますので、小さな子どもがいるマンションなどで採用されることの多い床材になります。ナイロンやアクリルなどの合成繊維は防カビ性と防虫性に優れ、ウールなどの天然素材は踏み心地の良さと保温性に優れています。

畳張替え
最近は和のテイストの人気が高く、部屋の一部を畳に変えたり、1室だけ畳に変えるリフォームが人気です。従来の畳だけでなく、琉球畳のようなおしゃれな畳も増え、その保湿性の高さから洋間をあえて畳にする人も少なくありません。定期的なメンテンスをしっかり行えば、長く使うことが出来るのも畳のメリットのひとつです。

 

床工事で費用を抑えるポイント

フローリングの張り替えなどを行うと何十万円も費用がかかってしまいますので、できることなら費用は抑えたいところですよね。ただ床工事に関しては悪徳業者が多いため、何が何でも安くしたいと考えていると、あまりよろしくない業者に依頼することになり、予定外の出費をしなくてはいけなくなることもあります。安くしたい気持ちはわかりますが、相場よりもやや低めくらいでいいかなという感覚で費用を抑えるようにしてください。

床工事の費用を抑える簡単な方法は「既存の床材を利用する」ということです。一般的な床工事は床材を全て張り替えるのですが、床材が傷んでいない場合は床材の上に新しい床材を張ることも可能です。そうすることで作業時間の短縮と、廃材の処理が不要になりますので、トータルコストを下げることができます。

床工事は多くの業者があり、腕のいい職人さんのいる会社から、悪徳業者までさまざまな会社があります。依頼時に1社だけの見積もりで決めるのではなく、3,4社から見積もりを取るようにしてください。そうすることで作業の相場もわかりますし、会社の良し悪しもわかります。最終的には「この会社にお願いしたい」と思える会社にお願いすることが、結果的に費用を抑える近道になります。

フローリングの張替えなどを行うと何十万円も費用がかかってしまいますので、できることなら費用は抑えたいところですよね。ただ床工事に関しては悪徳業者が多いため、何が何でも安くしたいと考えていると、あまりよろしくない業者に依頼することになり、予定外の出費をしなくてはいけなくなることもあります。安くしたい気持ちはわかりますが、相場よりもやや低めくらいでいいかなという感覚で費用を抑えることが賢明だと思います。

床工事の費用を抑える簡単な方法は「既存の床材を利用する」ということです。一般的な床工事は床材を全て張り替えるのですが、床材が傷んでいない場合は床材の上に新しい床材を張ることも可能です。そうすることで作業時間の短縮と、廃材の処理が不要になりますので、トータルコストを下げることができます。

また、床工事は多くの業者があり、腕のいい職人さんのいる業者から、悪徳業者までさまざまな業者がいます。依頼時に1社だけの見積もりで決めるのではなく、3,4社から見積もりを取るようにしてください。そうすることで作業の相場もわかりますし、業者の応対もわかります。最終的には「この人たちに任せたい」そう思える業者に依頼することが、結果的に費用を抑える近道になります。

床工事の種類別 金額

床種類 費用相場
フローリング 10万円~20万円
クッションフロア 5万円~10万円
カーペット 6万円~15万円
タイルカーペット 5万円~10万円

床工事の種類

床工事の種類は床材によって、いくつかの種類に分けることができます。ここではそれぞれの床材の特徴とメリットについて紹介します。

フローリングの張り替え
フローリングは木材でできた床材で、温かみのある床に仕上げることができます。フローリング剤としては複層のものと無垢のものがあり、コスト重視の場合は複層フローリングを使い、より自然の温かみを感じたい場合は無垢フローリングを選びます。

クッションフロア張替え
フローリングは水気を嫌う床材ですので、トイレや洗面所などには適していない床材になります。そのような場所は、耐水性が高く汚れにくいクッションフロアの床材を使用します。マンションやアパートなどのフローリング風床材がこのクッションフロアになります。

カーペット張替え
カーペットは保温性に優れ吸音効果もありますので、小さな子どもがいるマンションなどで採用されることの多い床材になります。ナイロンやアクリルなどの合成繊維は防カビ性と防虫性に優れ、ウールなどの天然素材は踏み心地の良さと保温性に優れています。

畳張替え
最近は和のテイストの人気が高く、部屋の一部を畳に変えたり、1室だけ畳に変えるリフォームが人気です。従来の畳だけでなく、琉球畳のようなおしゃれな畳も増え、その保湿性の高さから洋間をあえて畳にする人も少なくありません。定期的なメンテンスをしっかり行えば、長く使うことが出来るのも畳のメリットのひとつです。